topenji5

あなたは、なぜ売れないのか?

商品を語るだけでは、売れない。
未来を語るだけでは、売れない。
信念を語るだけでは、売れない。 

実績を伝えても、売れない。
ベネフィットを伝えても、売れない。
情熱や想いを伝えても、売れない。

 成功者の真似をしても、売れない。
ただ行動するだけでは、売れない。
感情を動かすだけでは、売れない。

 自己都合の視点では、何も売れない。

あなたは、なぜ変われないのか?

内面に向き合っても、変われない。
目標を設定しても、変われない。
潜在意識に期待しても、変われない。

 ポジティブシンキングでも、変われない。
成功を強くイメージしても、変われない。
成功者の真似をしても、変われない。 

いくら気づきを得ても、変われない。
感じる心を大切にしても、変われない。
愛や勇気や想像力では、変われない。

 引き寄せの法則では、変われない。
時代遅れの心理学では、変われない。
素人メンターから学んでも、変われない。 

自己陶酔の視点では、絶対に変われない。

メタ知識を応用したセールス理論

業界の常識をくつがえす、最高視点からのアプローチ。
世界と人間の本質から逆算した、再現性のあるメソッド。 

自己啓発、コーチング、スピリチュアルへのアンチテーゼ。
実存と構造の狭間で、多くの人生を変えてきた言葉。 

現代思想、構造主義、分析哲学、記号論理学、認知科学、
様々なメタ知識を応用した完全独自のセールス理論。

セミナー業界で毎年億単位の売上を継続してきた
孤高のセールス研究家、「山本雄一郎」の世界。

▼山本哲学塾(CMV)に関する情報を受け取る▼

詳細情報を受け取る 


既に参加された方からの感想

セールスに携わる人こそ、哲学を学ぶべき
粕谷 兼史

 私は現在、セールス職として勤務しておりますが、 今まで月収500万くらいがMAXの実績だと思っていました。しかし、哲学塾を学び始めて5ヵ月経った今では、 そのMAXの実績の倍の実績を、月の半分の15日で達成しています。

 自分でも不思議なのですが、哲学塾で、毎月1回の講義と、ほぼ毎日更新されるコンテンツに対してアウトプットをする、という習慣の継続で、特に「感情的」なセールスにもならず、また、自分のコンディション(モチベーション・やる気・自信・感情)に左右されずに、淡々と結果を量産できるようになっているのが驚きです。
 
 私の感覚ですと、現在セールスの仕事に携わっていて、自分のセールスのステージを
1段階2段階上げたい全ての人にお勧めします。


 唯一無二の環境へ
青井良平

 「哲学塾」という名から、お堅い内容なのか?アカデミックな内容ばかりではないのか?と想像する方もいらっしゃるかもしれませんが、本質はそこではありません。世の中の多くの学問は、哲学から派生したものがほとんどであり、私たちは知らない間にその影響を受けているのですが、哲学は「人間」について考えられた学問であり、人間の普遍的な原則に関する知識、「メタ知識」を唯一学ぶことができるのが、この山本哲学塾です。

 メタ知識を得て、自分の思考法に落とし込んでいく過程で、自分のメタ認知力は上がっていきます。メタ認知力が向上することで、一つ上の視点から物事を俯瞰できるのです。メタ認知力の向上は、そのままセールスとマーケティングに落とし込むことが可能であるので、ビジネスで成果を上げたい方にも最適です。私は営業であり、山本哲学塾で学び始めた2014年の営業成績は前年の2倍になりました。


コーチングをより高い視点から俯瞰できるようになった
山田 亨

 私は、経営者や経営幹部、マネージャー、士業等のビジネスパーソンを中心にコーチングをご提供しているプロのコーチです。山本哲学塾に参加し、コーチングのメソットの背景にあるメタ知識を学ぶ事で、これまで実践を重ねてきたコーチングという手法を、これまでより一つ高い視点から俯瞰できるようになり、クライアントの陥っている状況や思考を俯瞰し、明確に意図をもって対処できている自分がいます。

 また、山本さんは哲学を日々の仕事や現場のセールスに落とし込み、大きな成果を残してきた人です。ですので、哲学を現場のセールスや自己啓発に活かしていくという視点が徹底しています。山本哲学塾は難解な哲学を素人の私たちにも分かりやすいように、順を追って噛み砕いて紹介してもらえる場です。そういう「環境」もメリットの一つだと思います。

 私自身も、この環境の下で学びつづける事で、直近で大きな契約をいただくなど、ビジネスでも結果が出始めています。哲学を学び、実際の「成果」に繋げていきたいという方にとっては、まさにうってつけの「環境」であると思います。


分かりやすく「目から鱗」の哲学思想の活用法
石橋 ゆかり

 哲学塾で学び始めて、哲学に対して受講する前とは違う感想を持つようになりました。私は哲学は凄いものだろうけど、自分の生活とは全くかけ離れたものだと思っていました。実生活に役立つイメージもなかったですし、古臭い学問だと思っていました。実際、学んでいくと自分の考えや意見が、実は先人の哲学者が考え出した思想にしらないうちに大きな影響を受けていることが分かりました。

 そうすると、自分のことも冷静に見れるようになりますが、他人がどうしてそういう考え方をするのかが正確に理解出来るようになり、腹を立てたり、諦めたりすることが減りました。きっと、感情に振り回されずに論理的に考える方法が自然に身についてきているんだと思います。目先のことに振り回されず、先の未来を見越して自分自身を見つめることが出来るようにもなってきています。

 ためしに哲学書を手に取ったこともありますが、本当にチンプンカンプンでしたが、山本先生が講義では抽象度を落とすことなく、出来るだけ分かりやすく教えてくださるので、哲学者の思想を自分の生活や仕事にどう取り入れればいいかが分かってきたと思います。特に、ビジネスに哲学の思想をどう落とし込むか?というお話は「目から鱗」で、こういう話は他の哲学者の先生からは聞けないと思うんです。

 やはり、ビジネスでも圧倒的な成果を出されている山本先生ならではのお話だと思います。毎回の講義で普通では聞けない視点のお話を膨大な情報量で聞けて、本当に感謝しています。


夢が叶うのは当然の帰結です
舟橋 志のぶ

 哲学塾に入るまでは、自分の我流の生き方哲学や偉人の思想くらいしか、哲学を意識したことがありませんでした。先人たちの思想に触れ、自分の思想がどんな影響を受けて形成されたのかを、客観的に振り返るよい時間となっています。感覚的にものをとらえてしまうので、言葉をきちんと繰り出して説明するようになりました。自分が使う言葉の定義を見直し、曖昧だったものがあまりにも多かったと気づきました。人と話していても、相手の背景やメタ知識を想像しながら聞けるようになり、本を読むときも、著者の遍歴を先に読み、発行年と時代背景を把握してから読み始める癖がつきました。

 私は探偵から学んだ犯罪心理学を基礎としてアダルトチルドレン向けのセラピーをしていますが、お陰様で、仕事上でもお客様の背景をとらえるプロファイリングの正確性が増し、思想も把握できるようになり、アダルトチルドレンが抱える生きづらさの解決までの時間が短くなっています。

 哲学があるということは、軸が定まり行動することにいちいち感情やモチベーションを用いなくて良いので、行動をやめることはありません。夢が叶うのは当然の帰結です。この楽な感覚をみなさまにも味わっていただきたいです。今まで学び、知ることだけでは動けなかったノウハウコレクターを自覚している人は、より高い視点で学ぶ機会を得てほしいです。その位置ではまったく知り得なかった新しい景色を、哲学塾で初めて見ることになるでしょう。


「山本哲学塾」を語る
椎原 澄

 私が山本さんと初めてお目にかかったのは、とあるパーティーの会場でした。ゲストとしてほんの短いスピーチをなさった時に「この方は自分の言葉を持っている」と感じて名刺を交換させていただき、その直後に始まった「山本哲学塾」に誘っていただきました。

 特に山本哲学の根幹をなしている「構造主義」以降の現代哲学を識ることは、すぐさま正解を求めたり、分断的な解釈や診断で決めつけたり、さらには思考を経ない行動に駆り立てられることに疑問符を抱いている方ならきっと、底の抜けたバケツの底が埋まるような感覚とともに「他者の立場で物事をみることができる」という、これもまた人間ならではの在り方を考える発端となることでしょう。

 そしてそれは「いまの社会に常識とされていることが、実はいつの時代に、どのように作り出されたのか」を「いまこの場に生きている自分」をも客観視、俯瞰視する眼を養うことになるのです。

 私は「多くの自己啓発は、部分と全体の話を自分(主体)に都合良く解釈している」という山本さんの言葉に深くうなづくと共に、それを「構造主義」と「実存主義」の対比、哲学の変遷という視点で理解できることにちょっとした悔しさと、それに勝る大いなる小気味好さを感じています。


私が山本哲学塾で学び続ける理由
加藤 利恵

 この哲学塾の一番の魅力は、「机上の論理」ではなく、「現場の論理」だということ、実人生に直結している、ということです。学問が学問で終わってしまったら何にもならない。実人生に活かせてナンボですよね。

 この哲学塾の講師である山本氏は、セールスという具体的な現実世界に、抽象概念である深い哲学を具現化された稀有な方です。私は山本哲学塾で学び始めてから、実生活の中で沢山の良い変化がありました。今まで「当然」として受け止めていた事象を「疑問視」する事で、それまで「盲点」となって隠されていて見えなかったことが、よく見えるようになりました。

 私は、NLP(神経言語プログラミング)プラクティショナーコースを終了し、更にリソースパーソンとしてお手伝いさせていただきましたが、そこで学んだことが、哲学塾で学んだことで説明がつく(網羅されている)という点には、本当に驚きでした。まだそれらは「古典哲学」の域を脱していない、古い視点であるということが、よく理解できたのです。NLPでいう「人はフィルターを通して世界を見ている」という概念も「哲学」の視点で、すべて説明できるんです。本当にびっくりでした。なんだ、そういう事だったのかと。「フューチャーペイシング」や「アファメーション」なども同じです。原理としては良く理解できるのですが、実際にやるとなると、上手くいかないのが現実でした(自分も実際にやってみたのでよくわかります)。NLPでは、感覚が大事といわれますが、その前にじっくりとロジカルに思考するという作業がとても大事で、NLPを学ばれた方にとって、哲学を学ぶという事は理論的に深められ、大変いいと思います。


▼山本哲学塾(CMV)に関する情報を受け取る▼

詳細情報を受け取る

■「山本哲学塾」講師プロフィール

IMG_0341

山本 雄一郎 (やまもと ゆういちろう)

株式会社山本研究所 代表取締役
日本認知科学会(JCSS) 会員

慶應義塾大学卒業。国内最大級のセミナー会社で、営業統括執行役員、営業に特化したグループ会社の代表取締役社長を歴任。

年間200回以上のセールスセミナーを開催、7年間で全国延べ1万人以上にビジネス教材を提案。単独で月間売上1000万円以上、バックエンドを含めると、年間売上2億円以上を継続的に達成。

分析哲学と認知科学の理論を落とし込んだ独自のメソッドは、
価格40万円以上の高額商品販売の契約率で常時50~80%を維持。

2013年4月、株式会社山本研究所を設立。独立後は半年間で5億円以上、
プロダクトローンチでは2週間で2億円以上の売上貢献、
自社コンテンツでは8000万円以上、1日で1000万円以上の売上実績を持つ。

ジェイ・エイブラハム、ナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィーなど
ワールドクラスのコンテンツをはじめ、ミリオンセラー作家や
国内著名コンサルタントのセミナープロデュースにも参画。

プロ向けには一般告知をまったく行わないシークレットセミナーを開催、
超高額レクチャーにも関わらず、各界の著名コンサルタント、政府系機関、
大手医療機関等も含めて、2年間で200名以上が受講。
再現性に優れたメソッドにより、実践した受講者の90%以上が
3ヶ月間以内に実績を上げている。

2014年4月、分析哲学、認知科学、言語学、現象学、量子力学、
ランチェスター数理モデル、相対性理論からのアプローチを取り入れた
オリジナルコンテンツ「Cognitive Science Method」をリリース。

2014年9月、現代自己啓発の理論的バックボーン、実存主義哲学から
ポスト認知科学までのエピステーメ(知の枠組み)を解説するコミュニティ
「山本哲学塾」を開講。

詳細情報を受け取る